日本の学校の英語の勉強法は「使えない

日本の学校の英語の勉強法は「使えない

良く言われることですが日本の学校で学ぶ英語は「受験用英語」だということです。受験用英語っていったい何なのでしょう。せっかく海外旅行に出かけても、一言も会話ができないような英語の勉強法にどのような意味があるのでしょうか。

 

日本の英語の授業では、長い間に渡って「読み書き」の能力が「英会話」の能力よりも優先されてきました。これにはいろいろな理由があります。

 

まず高校や大学の入試では以前はペーパーテスト以外の方法がなく、ヒアリングなどを試験の内容に含めるようになったのはそれほど以前のことではないと言うことです。

 

英語のヒアリングやスピーチ、会話力などがあっても答案用紙に正確な回答を記載するような際には役に立たないため、こうした「耳からの授業」はかなりいい加減に扱われ、無視されてきました。

 

また英語の授業を受け持つ日本人の先生の英会話のレベルの低さの問題もあります。

 

学校で英語を教えている先生は、受験のノウハウは教えることはできてもネイティブの発音を伝えることはできません。まるで伝言ゲームみたいなもので、あまり英会話力の無い教師から英会話を習っても、発音はしだいに本来の発音とはかけ離れたものになってしまいます。

 

もちろんすべての先生がそうしたレベルであるとは言いませんが、割合から見ればこうしたレベルの低い先生の方が多いと言うことは確かです。

 

こうした従来の日本の学校の勉強法では、英語脳を鍛えたりすると言うことは夢のまた夢となってしまいます。